逢瀬妻 りょうこ
ダウンロード価格: 1080円
商品購入には会員登録(無料)が必要です。
ファイル形式
: wmv
再生時間
: 90分
解像度
: 720×480
サイズ
: 1.8GB
価格
: 1080円
逢瀬妻 りょうこ
◆群馬県在住のりょうこさん(42)さんは、元看護婦の人妻。過去二度のプライベートでの凌辱経験が忘れられず、乱交撮影を志願したのがちょうど一年前(「逢瀬妻」シリーズ・IR-13)。ホテルで大勢の男たちに姦され、「ポチ!」とペット犬呼ばわりされながらザーメンまみれになって絶頂アクメしていたが、そのりょうこさんから久しぶりにメールが届いた。 「覚えていてくれますでしょうか?あの時の乱交が忘れられず、今でも思い出してはひとりで自分を慰める日々です。しかも最近では、他の女性の乱れる姿を目の前で見てみたくて仕方ありません。」と告白するりょうこさん。どうやらこの1年間、犯され願望の強いマゾ牝本能をなんとか抑えてきたのが我慢できず、再びコンタクトを取ってきたようだ。しかもレズ願望まで付け加えられている・・。すぐにりょうこさんに返信メールを送った。詳しいことを聞きたいから、某駅前・喫茶店で会いましょうと。そして、その時、ノーパン・ノーブラで来るようにと命じておいた。瞳の大きな魅力的なりょうこさんが恥辱でモジモジし、パンティに本気マゾ穴汁をベッチョリ染み込ませながら再会の場にやってくることを期待して。 ◆喫茶店に現れたりょうこさんは、以前にも増して妖艶な雰囲気。夫の出張に合わせて上京し、しばらく滞在するという。メールに書かれた内容を質問しているうちにも、複数男性器に突付かれ棒して欲しいドスケベ願望が伝わってくる。「ノーパンノーブラで来たよね?」と聞くと、恥づかしそうにうなづく。また未体験の快楽ゾーンに遭遇できる期待感。落ち着いた雰囲気の良妻タイプなのに、敏感な性感をちょっと触れられるだけで感じすぎてしまう卑猥牝は早くも胸を高鳴らせていた。 まずは映画館に連れて行かれるりょうこさん。場末のポルノ上映館には1500円の入場料で1日中スクリーンの裸体に勃起汁を先走らせる幸福があるが、その客席でりょうこさんに自慰をさせる。りょうこさんは入場するなり、男たちの欲望の視線を浴び、注目の的。鳥肌を立て、既にマゾ性感は急激な上昇カーブを描き始めていた。服をまくるとすぐに露わになる乳房を揉みほぐしてやると、大きくのけぞる。横溢するマゾのオーラ!そして、暗闇の中で次々と蠢く男たち。自分の客席を離れ、スクリーンの小さな幸福を捨て、目の前に出現した魅惑の女の痴態に吸い寄せられるかのように集まってくる!足を開き、クリトリス自慰を始めるりょうこさんは、熱い視線に性器内部を溶鉱炉のように燃え滾らせていた。男たちはいつの間にか、りょうこさんの匂いを嗅ぎ、手を握り、胸を揉み出す。メガネをした初老のおじさんがりょうこさんがほじるマンコ穴を食い入るように視姦する。「ああ、見られてる!」まさに羞恥の膣観察!ローターがズブズブとマンコ肉に埋め込んでいき、りょうこさんは振動に合わせて腰を振り、「あふあふ、ほぉぉーーっ!」と、第一番目のピークを迎えた。 さらに客席後部で立ちポーズ自慰。ほぼ全裸になったりょうこさんに群がる男たち。黙々とりょうこさんのマンコを舐め、乳を吸い、キスをする。どこの誰とも知らない、通りすがりの男たちに、一週間も歯磨きもしていない口でベロンチョキスされるアブノーマル世界!りょうこさんはさらに狂い出し、次のピークに達していった・・。 映画館の無産風来坊たちの慰み玩具と化したりょうこさんをラブホテルに連れ込み、さらにバイブで焦らし、肉汁だらけの牝マンコをつついてやる。「気持ちいいーーぃーー!主人は何ヶ月に一回しかしてないのぉぉーー!足りなくて、毎晩自分でしてたのぉぉーー!ダメぇぇーー!!」美しい超抜ボディを痙攣させ、荒々しい反応を繰り返すりょうこさん。目一杯振り切れる性欲メーターの針。疼いてどうしようもなくなったケモノ欲望。再会初日はこうして終わった・・・
作品情報
タイトル : 逢瀬妻 りょうこ レーベル: 逢瀬妻
出演者 : りょうこ 配信開始 : 2011年5月27日
カテゴリ: 露出
サンプル

【特集紹介】
↓ちぃエピソードZERO 01↓
↓ちぃエピソードZERO 02↓
↓露出投稿ちぃ3↓
↓露出投稿ちぃ2↓
↓露出投稿ちぃ↓